見出し

1クラス最大9名の少人数制授業

生徒一人ひとりを見つめ、一人ひとりに対応した「わかる」授業。1クラス9名以下で構成され講師が可能な限り生徒個人に対応した授業を展開します。ただノートを取るだけの授業ではなく生徒と講師がキャッチボールをする参加型授業です。

医学部・歯学部に特化した指導システム

メルリックスは開校以来一貫して医学部・歯学部受験生を対象に、指導システムを構築してきました。こうした備蓄された膨大なデータはオリジナルテキストとして各授業の中で活かされ、他校ではまねの出来ない実践的授業を実現しています。

関西圏のみならず全国の医学部・歯学部に対応

大阪校では、関西圏の大阪医科大学・関西医科大学・近畿大学・兵庫医科大学などの私立大学から大阪大学や滋賀医科大学等の国公立大学も視野に入れた指導をしています。
また、渋谷本校・名古屋校・福岡校(メルリックス英進館)と連携することで、全国の医学部・歯学部に対応した授業を行います。

私立医学部受験コース(M)

私立医学部に確実に合格するための少人数制コースです。入学に際して特に試験は行いません。 ただし入学時の学力は要求しませんが「やる気」は必要としています。開講前に行う学力判定テストによりクラス分けを行い、1人ひとりに最も合ったクラスで学ぶことになります。このコースでは、下位クラスでは、まずとにかくどこか1校確実に医学部に合格できる学力をつけることを最初の目標にします。ですから本番で確実に7割を取るための学習を進めます。上位クラスでは、難関私立医学部、国公立医学部を視野に入れたハイレベルな授業を展開して、さらなる高みを目指します。 講師は常に1人ひとりの反応を直接見ながら授業を進めていきますので「分かったつもり」で終わることなく、分からない部分はその場で解消していくことができます。後期からはクラス替えを行い「1校は確実に合格」という目標をクリアした生徒は更に上を目指していきます。
私立医学部受験コース時間割例

トリプルサポートシステム

医学部生の学生チューターが一人ひとりの生徒に付きます。生徒を担当する学生チューターは週1回行う面談で学習計画手帳をチェックして、科目間のバランスや授業の理解度・学習進捗状況を確認して、問題がある場合は軌道修正をします。面談で指導した内容は、講師にフィードバックされ、日々の授業に生かされます。講師・学生チューター・担任がセキュリティの保たれたクラウド上で生徒情報を共有し、問題点を瞬時に把握し連携をとって、それぞれが問題の解決に当たります。
サンプル画像1

精鋭プロフェッショナル講師

担当するのは医学部・歯学部入試のエキスパートであるメルリックスの精鋭プロフェッショナル講師陣です。「関西医科の数学の傾向は?」「近畿大学の化学の記述対策はどうしたらいい?」と、講師に何でも聞いてください。メルリックスの講師ならすぐに答えてくれます。
サンプル画像2

教務スタッフ

医学部受験指導のプロである教務スタッフが、担任として講師・学生チューターと連携しながら生徒各々の学習状況を把握し問題点を解決し、医学部合格へと導いていきます。
サンプル画像3

SS(Study Supporter)

医学部受験指導に対する専門的研修を受けた現役医学部生が、チューターとして生徒一人ひとりの学習進捗管理、質問対応、科目間バランスチェックなど、受験本番までありとあらゆるサポートをします。