【合格速報】2021合格実績(1月13日現在)
【医学部】79名合格
獨協医科大学推薦(指定校制)
1名
総合型
2名
埼玉医科大学推薦特別枠
1名
帝京大学推薦(公募枠)
1名
東京医科大学一般公募推薦
2名
東京女子医科大学一般推薦
9名
「至誠と愛」推薦
7名
指定校推薦
4名
東邦大学総合(AO)
2名
同窓生子女
1名
北里大学指定校推薦
7名
聖マリアンナ医科大学指定校制推薦
2名
一般公募制推薦
1名
東海大学一般編入学
6名
金沢医科大学総合型(AO)
3名
指定校・指定地域推薦
1名
愛知医科大学公募制推薦
2名
藤田医科大学ふじた未来(高3枠)
2名
ふじた未来(高卒枠)
2名
関西医科大学推薦(特別枠)
4名
推薦(静岡県地域枠)
2名
推薦(一般枠)
1名
特色
2名
近畿大学推薦(一般公募)
1名
川崎医科大学総合型選抜
1名
久留米大学一般推薦
1名
地域枠推薦
2名
福岡大学
A方式推薦
4名
地域枠推薦
2名
付属校推薦
2名
島根大学3年次学士編入学
1名
【歯学部】43名合格
明海大学総合型Ⅰ期
2名
日本大学(松戸歯)総合型1期
1名
昭和大学推薦(指定校)
1名
推薦(公募)
2名
東京歯科大学推薦(指定校)
2名
推薦(公募)
9名
編入学A
2名
日本大学(歯)推薦(公募)
5名
校友子女
4名
日本歯科大学(生命歯)推薦(指定校)
4名
推薦(公募)
2名
編入学
2名
神奈川歯科大学総合型
1名
朝日大学信長Ⅰ期
1名
愛知学院大学推薦B
1名
大阪歯科大学推薦(指定校)
2名
推薦(公募)
2名

合格体験記

杉谷真奈さん(神戸女学院高校卒)

サンプル画像

兵庫医科大学 推薦入試合格

高2の10月から苦手な英語を何とかするために英語塾に通い始めました。英語以外は特に受験対策はしていませんでしたが、高3になって兵庫医科大学の推薦入試を真剣に考えるようになり、医学部専門予備校の中でも推薦入試に強いメルリックスに決めて、数学と化学の勉強を開始しました。数学はⅠAⅡBに絞り、9月までに一通りの範囲を終え、10月から先生が作ってくださった予想問題を解きながら、兵庫医科大学に特化した勉強をしました。化学も基本的に授業で先生からいただいたプリント中心に勉強を進めて、理解ができているかをチェックするために、夏以降セミナー化学を2周しました。英語は本当に苦手で受験レベル以前の状態でしたが、高3の夏頃にようやく受験生レベルまで上がったので、夏からメルの個別を追加して、兵医の出題形式に沿った授業をしてもらいました。好きだったユーチューブを見ないようにガラケーに変えたことは辛かったですが、好きなものを食べたりしながらストレスを解消して勉強を続けました。10月に実施したプレテストで上位に入れたので少しは自信が持てましたが、本番は手応えがなく諦めていたところ合格通知が来たので、先生の言うことを信じて勉強して本当に良かったと思いました。

河村豪博くん(海陽中等教育学校卒)

サンプル画像

川﨑医科大学 一般入試合格

岐阜県出身だったので、最初は名古屋の予備校を考えていましたが、知り合いから大阪のメルリックスを紹介していただき、見学したのがメルリックスにしたきっかけです。家にいるとどうしてもダレてしまうので、思い切って寮生活を選んだのは、結果的に良かったと思っています。
高校時代から文系科目が苦手だったので、国立は諦めて私立専願にして、英語の学力を上げることに専念しました。授業で扱った長文問題の全訳とネクステージを何度も繰り返し、全訳は個別指導で添削をしてもらいました。授業は少人数制で先生との距離が近かったので、いろいろな質問や相談にのっていただきました。それでも、1年を振り返るとずっと順調に行くわけでもなく、夏頃には気持ちがダレてしまったり、10月頃には何とも言えない精神的苦痛を感じたりして、勉強に集中できないことがしばしばありました。その時は、周りにいる友人たちやスタッフの人達に相談することで、意外と早く切り替えができたように思います。いろいろなことがあった1年でしたが、それでも合格できたのは、「やらないと何も起きない」ことを信じて机に向かい続けたことだと思います。机に向かうことは本当に大事です!!

K.Mくん(伊勢高等学校卒)

愛知医科大学 一般入試合格

1浪目の受験が終わったことがわかった時点で次の予備校選びを開始し、何校か回った中でメルリックスのシステムが自分に一番合っていると思い決めました。私は極端に苦手な科目がない代わりに、飛び抜けて得意な科目もなかったので、難しい問題には手を付けず基礎知識の確認を中心に学習を進めました。予備校には自分専用の机があり荷物を置きっぱなしにできたので、登下校が楽なだけでなく、予備校に出かけるための準備をしなくていいので、精神状態が悪いときも登校のハードルが下がったのが思った以上に良かったです。1年間でいちばん辛かったのは、前期後半の梅雨時頃に集団授業の雰囲気が合わなくなったときです。勉強が不調とか、友達関係が合わないとか、そういった事があったわけでもないのに授業に出る気力がなくなってしまいスランプに陥ってしまいました。その時に、教務スタッフの方の勧めで個別指導メインの学習形態に切り替えました。個別にしたことで自分のできる分だけ授業を設定することができたため勉強を続けることができ、何とか立ち直ることができました。それからは、あまり完璧を目指さないように心がけ、勝算がありそうな受験方法に絞り込んで準備をしました。今思うとサポートがなかったら間違いなくそのままフェードアウトしていたと思うので、本当に感謝しています。メルリックスは僕のような生徒にも柔軟に対応してくれたのでメルリックスに決めて本当に良かったと思っています。